Omiaiはここがダメ?リアル評判とデメリット、出会うための攻略法を徹底解説!

Omiaiはペアーズ と並んで、現在最も勢いがあるマッチングアプリです。

利用者が多いので、良い評判と悪い評判があって、本当に使うべきかどうか判断に迷っている方も多いと思います。

実際のところ、アプリと使う人の相性があります。

なので現状では、「すぐに理想の出会いを手に入れられる人」と「Omiaiに向いていない人(使っても何の成果も得られない人)」にはっきり分かれてしまっている状況です。

実際の「利用者の評判」から、

  • サービスの特徴
  • Omiaiならではのデメリット
  • 出会いを増やす、うまく活かすための攻略法

を徹底的に解説していきます!

「Omiaiを使うか判断する前に、これだけは絶対に知っておいた方が良い!」

という重要なポイントを凝縮して解説しているので、ぜひ確認しておいてくださいね!

Omiaiの評判と特徴

まずは、世間のomiaiの評判と信頼度について見ていきましょう。

Omiaiの特徴と運営会社

Omiaiは現在主流のマッチングアプリの中でも元祖的存在で、女性ファッション誌や各社新聞などにも取り上げられているため、現在進行系で多くの方が入会しています。

Facebookを利用したアプリですので、匿名性が低くく本人確認も別途行われるため、彼氏や彼女が欲しくて真剣に恋活・婚活をしたい方にとって非常におすすめです。

運営は株式会社ネットマーケティングにより行われており、東京証券取引所NASDAQへも上場している企業です。

怪しい会社が運営している出会い系アプリと違い、サービスの母体が上場している優良企業なので、かなり信頼できると言えます。

登録者の特徴と評判

次はOmiaiの年齢層や男女比といった登録者に関するデータについて学んでいきます。

あなたが求める女性会員の年齢層が多いのかチェックしておきましょう!

【年齢層と男女比】

性別 会員数 年齢層 全体の割合
男性 約900,000人 10代:2.5%

20代:51%

30代:41%

40代~:8%

約72%
女性 約350,000人 10代:3.6%

20代:59%

30代:34.6%

40代~:2.8%

約28%

まず最初に目につく点としては男女会員数の違いです。

公式では6:4と表記されていますが、実際はかなり男性が多い結果となり、圧倒的に女性優位のアプリとなっています。

ですが、後述するいいね数のバランス調整の仕様がされていたり、月額料金制ということもあり学生の会員は登録後や1~2ヶ月程度で放置していることが多いのでそこまで競争は激しくありませんのでご安心下さい!

【職業】

男性 女性
第1位 会社員 会社員
第2位 学生 看護師
第3位 地方公務員 保育士
第4位 職人 学生
第5位 経営者・役員 契約・派遣社員

女性会員の職業については、ほとんどのアプリでTOP3入りする学生が4位となっています。

ボリュームの年齢層を考慮すると婚活に積極的な層が多いことが伺えますね。

男性も会社員が同様に多く、続いて2位が学生となっており、この2つが上位のほとんどの数を占めます。

あなたが社会人である場合、経済力では確実に学生に勝っていますので、Omiaiで特に意識するライバル層は正社員といえますね。

どれくらい会える?マッチング力、成功率に対する口コミ・評判

Omiaiの利用者は実際にどのような感想を持ったり、評価しているのでしょうか?

Q&A・口コミサイトなどから良い&悪い口コミの評価を集めてまとめてみました!

【良い口コミ】

①恋活・婚活に真剣な人が多い

ほかのアプリだと、こちらから連絡をしても何も反応がないということが多くありましたが、Omiaiの場合はそのようなことはまずなく、皆さんしっかりと返信をしていただき、返信したくないという時はそういったサインをきちんと出していただいていたので、こちらとしては非常にやりやすかったです。

(https://minhyo.jp/omiai)

②セキュリティがしっかりしている

OmiaiはFacebookのアカウントを使ったアプリでセキュリティに対して特に厳しめなので、その分、サクラや業者に出会わずに済みます。またFacebookに投稿されることもないのでプライバシはきっちりと守られます。

探し方はシンプルに気に入った方にいいね!を送る一般的な恋活アプリなわけですが、セキュリティ重視な分、真剣に相手を探している女性が多いです。

(https://minhyo.jp/omiai)

③結婚が決まった!

女性が無料だった際に利用していました。最初の頃はよくわからずに利用していましたが、4人ほど出会った中の1人の方と縁があり、お付き合いすることになりました。彼はとても誠実な方で、とてもいい方と出会わせてくれたと、とても感謝しています。

その彼と先日婚約し、とても幸せです。

遊び目的の方もいなくはありませんが、良縁に恵まれたので、私はとても満足しています。

(https://minhyo.jp/omiai)

【良い口コミまとめ】

やはり全体的に真面目に婚活をしている方が多いようで、いいね・メッセージいずれも返信&反応率が高いとのことでした。

女性会員は1日でたくさんのいいね!を貰うので、さばききれないこともあり、いいねを返せないこともあります。

口コミの中には「いいね!の返信がなかったけどメッセージが来てその後付き合えた!」といったものもあったので、人気会員とでも充分にマッチングできることがわかりますね!

【悪い口コミ】

①本気度に差がある相手もいる

男女共に、ただ単に、友達を増やしただけの人が多い。俺はもっと真面目に恋愛がしたいと思ってたのに、ここではそういう人らには出会えなかった。
いいね押してくれるのは自由だけど、住んでいる地域があまりに違う人にいいねされても…みたいなもどかしいのが多かった印象。何か、全然うまく行かなくてやめた。

(https://minhyo.jp/omiai)

②アプリ決済だと高くなる!

Omiaiはクレジットカードやコンビニ払いより、アプリ払いの方が1,000円も高い。

俺クレジットカードないし、わざわざコンビニで払うのダルすぎるからプラス1,000円…多少高くてもいいけど、差ありすぎだろ…

【悪い口コミまとめ】

携帯によっては通知機能に難が見られ、すぐにレスポンスできないといったものがありました。

また、AppleIDでの決済は高く設定されているので、クレジットカード利用でないと少し割高になってしまいます。

上記のような点はデメリットではありますが、それらを口実にLINEへ移行するなどしてアプリ自体の利用期間を短くすることで解決できそうですね!

また、女性は男性よりも写真編集のスキルが高いので、実物と写真が異なるという点もあげられました。

顔のアップだけで全身写真がなかったりした場合は、特にそういった可能性が高いので(体型もごまかしている)注意しましょう。

料金面の評価

【Omiaiの利用料金】

クレジット決済 Apple ID決済 GooglePlay決済 コンビニ決済
1ヶ月プラン 3,980円

 

4,800円 4,800円
3ヶ月プラン 3,880円

(一括 11,640円)

4,600円

(一括 13,800円)

3,880円

(一括 11,640円)

6ヶ月プラン 3,780円

(一括 22,680円)

4,466円

(一括 13,800円

3,780円

(一括 22,680円)

12ヶ月プラン 2,780円

(一括 33,360円)

3,566円

(一括 42,800円

Omiaiの利用料金はクレジットカードの利用が安い…というわけではなく、その他の決済方法が高くなっているという形になっています。

そのためクレジットカードがない方はコンビニ決済を利用して3ヶ月or6ヶ月プランから選んで登録をすると安く済みます。

【各社との比較】

1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
Omiai 3,980円 3,880円 3,780円 2,780円
with 3,400円 2,600円 2,300円 1,800円
Pairs 3,480円 2,480円 1,980円 1,480円
Match.com 3,980円 2,793円 2,467円 1,750円
タップル誕生 3,900円 3,300円 2,900円 2,317円
ゼクシィ恋結び 3,900円 3,300円 3,133円 2,483円

他社と比較すると利用料金が若干高めの設定となっていますが、これはセキュリティに力を入れているからという理由(詳しくは後述)があります。

また、この利用料金に関しては30代以降の女性会員も支払う必要があるので、本当に出会いたい人が集まるシステムになっています。

それを考えると他社とのアプリと月換算で数百円高めであってもその価値は充分にあるといえます!

安全性、危険度に対する特徴

Omiaiは前述のように若干料金設定は高めとなっていますが、その理由は「ユーザーが安心・安全に活動できる」環境を作る・維持するために経費がかかっているからなんですね!

実際にOmiaiでは24時間365日パトロールしているので、不審な人物や業者がすぐに排除されるような形となっており、口コミを見てもセキュリティの良さに定評があります。

また、運営会社も上場企業ということもあり、サクラを雇うと行った不健全な運営もされていませんので、現状としてはマッチングアプリの中でも1,2位の安全度があるといえます。

Omiaiの良い点・悪い点

ではOmiaiの良い点と悪い点を具体的に解説していきます。

特に悪い点も包み隠さずご紹介するので、この点を知った上でOmiaiを使うかどうか判断して見てくださいね。

Omiaiの良い点

まずは良い点から見ていきます。

真剣度の高い会員が多い!

サービス名やブライダル寄りなサイトデザインもあって、真剣に交際したい、結婚を前提とした相手を探したいという真面目な方が多くいます!

そのためマッチングした際もメッセージの返信率が高いのが特徴です。

婚活、恋活の両方ができる!

多くのマッチングアプリはどちらかというと恋活に重きを置いているものが多いのですが、Omiaiは婚活も視野に入れた活動ができます。

また、会員も真面目な人がほとんどですので、彼女になってから自然と結婚へシフトすることも!

プロフィールをしっかり見て貰える

付き合うこと、結婚をするに当たっては相手に求めるものは外見もそうですが、中身も重要ですよね。

Omiaiは特にそういう傾向にありますので、外見に自信がない方でもプロフィールや自己紹介文に力を入れることでマッチングする確率はかなり上がりますよ!

いいね数の一極集中を防ぐ仕様になっている!

マッチングアプリではルックスの良い会員がいいね!をたくさん獲得してまう傾向があるのですが、Omiaiではそんな一極集中を防ぐ仕様が施されています。

どのようなものかというと、

「すでに人気会員の人や、大量にいいねを貰っている人に対していいねをする場合は通常よりも多くのいいね!を消費しなければいけない」

というものです。

こういった人達にいいね!する場合は1ポイントでなく、最大10ポイントも消費しなければいけないので、自然と新規の人やまだいいねが少ない人のプロフィールが見られるような仕組みになっているんですね。

Omiaiの悪い点

次に悪い点を見ていきましょう。

カジュアルな出会いには向いていない

真剣に恋愛や婚活をしたい人が多い分、ちょっと飲みに行ったりする仲や遊び友達を探すのには向いてないといえます。

多くの方が真面目にやりとりをしているため、浮いてしまいますのでマッチング率はかなり低くなってしまいます。

料金が最低でも3,000円/月かかる

Omiaiは月額課金制で、なおかつ有料会員でないとメッセージのやりとりができませんので、活動していくのであれば1ヶ月3,980円、複数ヶ月でも3,000円以上はかかります。

ただし、無料会員でも異性の検索やいいねができますので、まずは様子見をしてタイプの個がいたり、マッチング後に課金するとよいでしょう。

ライバルが多い

会員数が多いということは逆にライバルが多いということにもなります。

メリットにもなる点ですが、いいねをたくさんもらっている人気会員さんとマッチングするには、ライバルよりも目に付く写真や、魅力的なプロフィールの作成が必須になります。

サクラはいないが、ヤリモクや勧誘もゼロではない…

Omiaiは身分証の登録などを行わないと会員になれないので、サクラ(架空のアカウントなど)が入り込む余地は限りなくゼロに近いです。

ですが、中にはいわゆるヤリモクや、ビジネスなどの勧誘をしてくるような輩もごく一部ながら存在します。

メッセージのやり取りの時点で、この辺りを見極める力も必要になります。

その点に関しては別の記事で詳しく解説するので、ぜひチェックして見てくださいね。

Facebookで繋がっていない知り合いにはバレる可能性がある

OmiaiはFacebook上の友達同士は表示されない仕組みになっています。

これだけでも友達や知人にバレる可能性は大幅に下がりますが、Facebookで繋がっていない人にはバレる可能性があります。

もし知り合いを発見した場合は「ブロック」機能を使えば、相手に表示されなくなるので、あまり気にする必要はないかもしれませんが、可能性がある点は理解しておきましょう。

成果を出すための攻略法

では次にOmiaiでより理想的な相手とマッチングをする、出会うための攻略法を解説していきます。

利用前に理解しておけば、成果が大きく変わってくるのでぜひチェックして見てくださいね。

 Omiaiでマッチングするための具体的攻略法

では具体的な攻略法をご紹介していきます。

いいねを増やすなら入会直後に全力を注ごう!

Omiaiでは、「いいね!をたくさん貰っている=モテている」という風に見られ、非常にマッチングがしやすくなる傾向にあります。

このいいね!は入会直後(1週間)であれば、「NEW」という表示が付き、しかも新人として紹介されますのでかなり獲得が簡単なんですね。

そのためとりあえず登録だけしておいて、放置するなんていうのは非常にもったいない行為です!

いいね!を獲得するためにも入会前にプロフィールを用意したり、少し課金して女性にいいねをするなどしておくだけで、普段は出会えない可愛い子とデートすることができますよ!

キーワード&足あと機能を有効活用しよう

Omiaiでマッチングを量産していく上では異性の目に触れる機会を増やすことも重要です。

2017年に実装されたキーワード機能はグルメ、釣り、海外旅行といった趣味を10個まで登

録することができるので、すべて埋めることでお相手の検索結果に表示される機会をかなり増やすことができます!

また、足あとも積極的につけていくことで、アピールできますし、反対に足あとを付けてもらった女の子にアプローチすると高確率でマッチング可能です。

プロフィールは4枚分かならず用意しておこう!

どのマッチングアプリでも写真は非常に重要なポイントなのですが、Omiaiでは4枚まで写真をアップロードすることができますので、必ず4枚分載せるようにしましょう!

理由はライバルと差をつけるという点と、個性を簡単に出すことができるという2点にあります。

男性会員においてはプロフィールが充実している人は意外と少ないですので、複数写真をアップロードするだけで容易に差をつけることができます。

また、あなたの人となりをビジュアルで伝えることができますので、文字を書き込むよりも圧倒的にインパクトを与えることができますよ!

これはやっちゃダメ!Omiaiで失敗する人の特徴

次に「出会えない」「いい人とマッチングできない」という方がよくやっている間違いについて解説します。

これをやってしまうと、相手に悪印象を与えてしまい、マッチング率の低下や出会える回数の減少につながるので、頭に入れておきましょう!

初メッセージでは距離感が重要!

せっかくマッチングをしたのに、最初に送るメッセージで知らない間にミスをしている人が多くいるのですが、その特徴の1つが「距離感の誤り」です。

具体的にはタメ口であったり、住んでいる場所といった仲良くなってから聞くべきことを質問してしまっているといった例です。

女性としては「マッチング=ちょっと話してみよう」という認識ですので、そこからちゃんと信頼関係を築いていく必要があるんですね!

プロフィールを読んでいないことがバレるメッセージはNG!

Omiaiは真面目に活動している人が多いのでプロフィールをしっかり読んでからメッセージを送るのがポイントです。

反対に「カワイイですね^^ よかったら仲良くしてくだい!」といった内容だと外見のみが判断基準なのかと思われてしまいますし、最悪の場合ヤリ目と判断されることもあります。

そうなればまずマッチングしませんので、プロフィールはしっかりと読んでから初メッセージに相手の趣味や自己紹介文に絡めた内容のものを送るようにしましょう!

Omiaiはどんな人におすすめ?

それでは最後に今回学んだことについておさらいをしておきましょう!

【Omiaiはこんな人におすすめ!】

  • いいね!が少なくてもマッチングできる
  • 真剣に出会いたい、恋活をしたい方
  • サクラはおらず、業者は少ない環境が良い!

マッチングアプリの元祖ということもあって、真剣な恋活や出会いを求める方におすすめできるサービスとなっています。

特に30代以降は男女ともに課金が必要になりますので、本気の恋活ができるほか、暇つぶしや冷やかしで登録する人がいないのも特徴です。

また、プロフィールをしっかり見てもらえる傾向にあるのでルックスに自信がなくても自己紹介文や写真を掲載するなどすればマッチング率はかなり高まります!

まずは無料会員登録をして、どのような異性の会員がいるかチェックして見てくださいね。

 

 

Omiaiだけじゃない!他社アプリと特徴を比較して選ぼう!

下の記事では恋活・婚活・遊びの目的ごとにおすすめのマッチングアプリを紹介しています。

自分の目的に合ったマッチングアプリがきっと見つかります。

アイキャッチ
「恋人がほしいけど、いい出会いがない」 と悩んでいませんか? 想像してみてください。 今のままで1年後、恋人は...

関連記事

男子必見!Pairs(ペアーズ)メッセージ”超”攻略法!line交換~出会いまで...

女子必見!タップルで "理想の相手" から「いいかも」をゲットする3つのコツ!

美男美女率が最も高い!?Omiaiを初めて体験した男性筆者の感想を徹底解説!

遊びが多い!?女性がタップル誕生を使う前にゼッタイ知っておきたい評判|実際に出会...

タップル誕生はメッセージがカギ!効果的な使い方「3つのポイント」をマスターしよう

【男子必見】マッチング後の初デートを成功させる5つのコツ!次に発展させるための手...