マッチング後はこれが大切!返答率がUPするメッセージの送り方をマスターしよう!

 

「やっとマッチングできた!」と思っていても次はメッセージのやりとりという関門が待ち受けています。

マッチングアプリ 利用者の中には、メッセージが続かなかったり、最初に送ったメッセージに返信すら貰えなかったりと悩んでいる人も意外と多くいます。

 

しかし、安心してください。

実はメッセージの反応率・継続率をUPするには、数少ないやるべきことやめるべきことを意識するだけでOKなんです。

今回する方法はすぐにでも実践できますので、ぜひ今までの自分のメッセージの送り方を振り返りながら読んでいって下さいね。

 

【反応率UP】まずは初回メッセージに返信してもらう!

お目当ての女性とマッチングしてウキウキしながらメッセージを送ったけど、全く反応がないとかなりテンションが下がりますよね。

実際、筆者もアプリを使い始めた初期のころは、10人マッチングしたとしても返ってくるのが2割程度でしたが、改善を続けて、現在では6〜7割は返ってくるようになりました。

 

その過程の中で“何が返信率の上げるのか”そして、“何が返信率を下げのか”にも着目してそれらを潰していくことも重要だということに気付きました。

ここではそういった自身の経験から学んだことを掘り下げてお伝えしていきます。

 

初回メッセージの返信率を上げるコツ

それではさっそく初回メッセージの返信率をどのようにして上げていけばよいのかという具体的な方法について、避けるべきダメな例も交えつつお伝えしていきます。

 

鉄則!「なぜあなたにいいね!を送ったのか」という理由を盛り込む

マッチングアプリで女性からいいね!が来ても男性の場合は「やった!ラッキー!」くらいに思うかもしれませんが、女性は違います。

多くの女性の場合、いいね!が毎日来て当たり前な感覚になっていますので、ファーストメッセージの返信率を上げるにはここを意識するのがポイントです。

 

男性は女性よりもストライクゾーンが広く、生物学的な観点からもより多くの女性と生殖行為ができるようになっています。

女性も無意識にそういったことはわかっていますので、”本当に自分を継続して愛してくれるのか?”という観点で相手を選びます。

 

ですので、「なぜいいねを送ったのか」「あなただから送ったのだという根拠」が書かれたファーストメッセージは非常に効果的なんですね。

 

真剣度が高いことも伝える必要がある

ヤリモク(体目的)ではなく、自分が真剣にパートナーを探していると思ってくれていることを伝えなければ、女性会員は必ず不安を感じます。

ファーストメッセージでは、「外見以外の」要素で相手の気になる点を盛り込んで、好意を伝えるようにしましょう。

また、単純にプロフィールもしっかり見ていますというアピールにもなり、好印象に写りますよ。

 

共通点を盛り込んで返信のしやすいメッセージにしよう!

前項の内容は少し抽象的ですので、実際にどのようなメッセージを送ればいいのかを交えつつ紹介していきます。

 

なぜメッセージを送ったのかという理由については共通点を絡めると非常に書きやすく、向こうも知っている事柄ですので非常に返信がしやすいです。

例えば下記のような内容で、実際に返信を貰えたメッセージです。

 

成功した初回メッセージの例①
送った相手:転職と同時に引っ越してきたトリマー(20代前半)
はじめまして、◯◯といいます!
僕も地方から東京に出てきたんで時折寂しくなる気持ちわかります(;_;)
帰宅時とかよりもバラエティ番組見終わったときにくるやつはヤバイですよね(笑)
成功した初回メッセージの例②
送った相手:お酒(ビール)好きなスタイルのいいOL(20代後半)
マッチングありがとうございます!
僕もビール大好きなのでプロフィールに書いてあった
「この時期になるとランチ中にビール飲みたくなる」っていうのめっちゃわかります!
この前、テラスでランチのサラダ食べてる時自分もそう思っちゃいました(笑)
成功した初回メッセージの例③
送った相手:なかなか彼氏ができない女子大生(10代後半)
いいねのお返しありがとうございます^^
自分も大学生の時そんなだったなぁと思いながらメッセージ送りました!
大学に入ったからっていってそんな劇的に変わるもんでもないですよね^^;

 

いかがでしょうか?
いずれも相手のプロフィールを読んでいることが前提じゃないと送れないメッセージ内容だということがわかるかと思います。

さらにそこで共通点や同じことを感じた経験を盛り込んでいるので、例に対する返信内容は「わかります!」といったものが多いです。

 

成功しやすい初回メッセージの構成

初回メッセージの基本的な構成としては、下記の形がベストです。

成功しやすい初回メッセージの構成
1.挨拶
2.プロフィールに共感
3.共通点or共通の体験をアピール

 

また、「プロフィールに共感したから送った」というニュアンスになっており、理由を添えて送るという点もクリアしていることも確認していただければと思います!

 

初回メッセージは返信しやすい「サクッと好意を伝える」内容で!

これまでお伝えした内容を盛り込んでいけば初回の返信率はかなり上がるでしょう。

ですが、だからといってあまりにも気合が入りすぎたメッセージは引かれてしまうリスクがあるので、気をつける必要があります。

 

いいね!を送っていること、送った理由を最初のメッセージで述べていること(相性が良さそうなど)これらは総じて好意を表していますよね。

ここに更に長文だったり、結婚をチラつかせた真剣度の高い内容を書くと相手にとっては好意が”重すぎる”というふうに受け取られてしまいます。

前項の例文を参考にしつつ相手の返信のしやすさも考慮した「短めのメッセージ」を送るようにしましょう。

 

【番外編】マッチング後に相手のメッセージをしばらく待ってみる

希望の相手とマッチングをすると嬉しさのあまりついつい速攻で送ってしまいがちですが、ここで一旦時間を置いてみる、というのも一つのテクニックです。

その間に相手からのメッセージがくるか否かで自分に対する相手の好意を推し量ることができます。

 

また、相手に対してガッツついていない、精神的に余裕を持った印象を与えるというメリットもあります。

数日は間を空けすぎになってしまいますので、前回の「女性の選び方」の記事でお伝えした複数人にアプローチしてみるというテクニックと並行しながら、1日程度で試してみてください。

 

「よろしくお願いします!」だけで終わる文章は絶対にダメ!

マッチングアプリの女性人気会員のブログを読んでいたことがあるのですが、ある日の日記にメッセージ画面のスクショ画像が投稿されていてゾッとしました…。

そこには「はじめまして!◯◯です!よろしくおねがいします!」とコピーしてるんじゃないかと思うくらいの似たようなメッセージが並んでいました。

 

さらにその日記には「よろしくです!で終わるメッセージがきても全然返信する気がしないよ…。」と一言書いてありました。

女性会員は男性会員と比べて圧倒的にマッチングしやすく、同時にメッセージも大量にくるので、テンプレのような文章には返信する気が起きないんですね。

 

繰り返しになりますが「あなただからメッセージを送った」「共通点がいくつもあって相性が良さそう」といった内容を必ず盛り込むようにするのがコツです。

 

【継続率UP】2通目以降の返信したくなるメッセージとは?

初回メッセージについて色々とお伝えしてきました。

マッチングアプリ のメッセージで一番難しいのは初回で、2通目以降は比較的簡単です。

継続率をUPする上ではあまり意識することは多くありませんので、下記のコツを集中してインプットしてくださいね!

 

情報の交換ONLYはつまらない!感情でやりとりをしよう

当たり前のことですが、マッチングアプリはビジネスの場ではありませんので無味乾燥な情報のみのやりとりですと、面白いほどメッセージが続きません。

  • 「◯◯が好きです!◯◯さんは?」
  • 「へ~、そうなんですね。よく◯◯には行かれるんですか?」

なんてことを繰り返していては相手はつまらなく感じてしまい、そっとあなたとのメッセージのやりとりをやめてしまうでしょう。

 

自分とのやりとりを相手に面白く感じて貰うには、感情にフォーカスして、表現したり引き出すことです。

感の良い人は初回メッセージの項でお伝えした具体例でなんとなくわかっているかもしれませんね。

そして感情でのやりとりができていれば無理やりメッセージを続けることなく自然と、実際に会っているかのように続いていきます。

ここでは具体例を交えつつ、感情表現の仕方と相手の感情を引き出す方法を学んでいきます。

 

リアクションは少しオーバー気味でOK!

日常的な会話では相づちが非常に重要ですが、マッチングアプリではリアクションがそれに相当します。

  • 「え、すごいじゃないですか!」
  • 「それめっちゃわかります…。」
  • 「そういう時、嬉しいですよね!!」

このように「相手から得た情報にリアクションをしたメッセージ」を意識して盛り込みましょう。

「少しオーバーでは?」と思うくらいもしれませんが、文面だけですとこれくらいのほうが感情が伝わってちょうどいいですよ。

 

リアクションを徹底することで相手の気分が乗りやすく、自ずと情報を積極的に出してくれるようになります。

それに対してまた反応することでさらに…という良い循環が生まれるんですね!

 

相手の感情を予測して聞いてみる

メッセージをしていて相手の経験や日常に関する内容がでてきたとき、相手の感情を予測して質問してあげましょう。

  • 「もしかしてその時かなり辛かったんじゃ?」
  • 「いや~、そんなこと言われたら嬉しくて泣いちゃいますね笑」

といった具合で、上手く当たれば「そうなんですよー!」と相手のテンションは上がりますし、外れても「いや実はそれが…。」と会話は続いていきます。

 

「私の気持ちをわかってくれる!」という印象を与えることができますし、会話を進めることができるのでどちらに転んでも損はしませんよ!

 

リア充・非リア充かを判断してピンポイントで共感する

女性との距離を縮める上で「共感が大切」ということは聞いたことがあるとは思いますが、それは何もポジティブなことに限ったことではありません。

むしろ、現実社会では良い感情よりもネガティブな感情を抱くことのほうが多いですよね。

マッチングアプリにいる女性会員は、大きく下記の2パターンに大別できます。

マッチングアプリ の女性会員の2つのパターン
私生活は充実しているけど、男性との出会いがないリア充寄りの層
 仕事も忙しかったり、趣味も充実していない非リア充層

 

前者であれば「~楽しいよね!」といったポジティブだったり、「~いってみたいよね!」といった未来志向に共感してあげるとより好感を持たれます。

 

後者は反対に日常で抱く不満やうっぷんといったネガティブな感情にフォーカスして共感してあげるとより心理的に距離を縮めることができます。

 

どのタイプに当てはまるかをプロフィールやメッセージの流れで判断して、共感するポイントを見定めていくといいですよ!

 

メッセージの頻度や文量は基本的に相手に合わせておけばOK

マッチングアプリでやりとりをしていると「どれくらいの頻度や文量がベストなのか?」と疑問に思うかもしません。

ですが、答えはシンプルで基本的にいずれも相手と同じ頻度・文量にしておけばまず失敗はありません。

 

それよりも文章の内容に力をそそいでメッセージを続けて、デートにもっていくことに集中したほうがいい結果が待っていますよ!

 

絶対に送ってはいけない4つの失敗メッセージ

好感の持たれる初回メッセージなどについてお伝えしてきましたが、ここからは反対に送ってはいけないNGメッセージ例についてお伝えしていきます。

 

1.タメ口

相手との距離を縮めたいがゆえに最初からタメ口でメッセージを送っている方がいるかもしれませんが、一般常識を疑われますのですぐにやめましょう。

マッチングアプリという男女の出会いの場ではありますが、人と人のやりとりですので特に初回は最低限の礼儀として重すぎない敬語、丁寧語を使うようにしましょう。

 

また、男性会員であれば年下の女性にアプローチすることも多いかと思いますが、その際も年下だからといってタメ口ですとあまり良くありません。

 

反対に年下・年上と区別せずにですます調+丁寧語で送ってあげたほうがむしろ年上としての魅力が引き立ちます。

 

実は筆者も年下に対して浅はかにも頼れるお兄さん感を出そうとしてタメ口を使っていたことがありましたが、丁寧語に切り替えた方が明らかに反応が良かったです。

「タメ口で話してくれた方が嬉しいです^^」という向こうから距離を縮めてきてくれるような言葉も結構な割合で貰うことができました。

 

2.超長文

自分のことを知ってほしい、あるいは相手のことを知りたいという思いが強すぎるゆえに長い文章になってしまう方にありがちな失敗です。

もし、あなたがマッチングアプリのメッセージを開いてぎっしりと書かれてあるとどうでしょう?

引くのを通り越して恐怖すら感じてしまいますよね…。

そうならないためにも相手に合わせた文量を徹底して心がけるようにしましょう。

 

3.話題が多すぎる

会話が弾むことは非常にいいのですが、広げすぎると自然とお互い文量が多くなってしまいます。

長文でのやりとりは最初こそ楽しいですがどんどん疲れていってしまい、やりとりの頻度が落ちていって最終的に消滅してしまうことも…。

嬉しい・楽しい気持ちを抑えつつ一番盛り上がりそうな内容を選ぶようにし、会話内容をリードしてあげましょう。

 

4.早い段階でLINE交換を求める

メッセージをはじめて数通ほどで「LINE交換しよう!」と送ると高い確率で断られます。

それというのも相手からは「必死すぎる」「チャラい」といった風に見えるからです。

 

直連絡については「line交換・デートの連絡編」の記事でお伝えしていますので参考にしてくださいね。

 

【応用編】初回メッセージからゴールまでの一連の流れを組み立ててみる

相手にあわせたメッセージをその都度考えて送るのもいいですが、ある程度固定化させるとよりマッチングアプリでのやりとりのスキルが上達します。

具体的には自分のゴール(LINEのID交換など)を設定し、そこへ行き着くまでのメッセージのやりとりを逆算して組み立てていくというやり方です。

 

例えばお酒好きを相手にするのであれば、

  • 「好きなお酒 → おつまみ → お店 → 飲みの誘い → LINEの交換」

といった話題の展開のプランを考えてみるのです。

 

そして考えた道のり、プランを実際に使っていろいろな人とやりとりをして、どうすればより良くできるか?といった反省をしていきましょう。

すると自分の得意な話題の内容や順序、繋げ方を発見することができるので、よりLINE交換やデートへ持っていけるスキルを効率良く身につけることができますよ!

 

まとめ:メッセージは攻めと守りが大切!

今回は初回メッセージの送り方からLINE交換へ移行する直前までのやりとりの仕方について学んできました。

送っていい内容を抑えつつも、マイナスイメージとなってしまう要素も考慮してメッセージを作ることでより上手く相手に好意を伝えることができます。

相手に好感をもってもらえるメッセージを送る攻めの姿勢をとりつつも、自滅を防ぐリスクもしっかりとマネジメントしていくことが大切です。

関連記事

初めてマッチングアプリを使うあなたへ|Pairsの評判を信じ、幸せを掴むまでの話...

女子必読!タップルはマッチングの速さが重要!他社アプリと違う効果的な使い方とは!...

高収入狙いの3大アプリを徹底比較!シュガーダディ・paddy67・ペイターズを使...

人気の出会いアプリ

編集長がガチ結婚!人気出会いアプリと賢い使い方を解説するよ!

なぜ今 youbride(ユーブライド)が評判なの?30代の婚活で他社より人気の...

withの最大のメリットは「相性診断」|2年間使ってわかったマッチングの秘訣とは...