ゼクシィ恋結びはサクラゼロ?業者やそれ以外の危険人物の回避方法を徹底解説!

ゼクシィのサクラ

真面目な出会いを求めているユーザーが多いゼクシィ恋結びですが、真剣に出会いを求める人にとって出会い目的でないユーザーとのトラブルには絶対に巻き込まれたくないですよね。

今回はサクラ・業者とは何か、ゼクシィ恋結びにサクラはいないのかについて解説していきます。

サクラ・業者以外の危険人物についても解説しているのでぜひ参考にしてください。

 

ゼクシィ恋結びにはサクラゼロって本当?

まずはサクラと業者の違いや、ゼクシィ恋結びにサクラ・業者がいないのかについて解説していきます。

 

サクラと業者の違い

マッチングアプリで警戒すべき存在であるサクラと業者ですが、そもそもどのような違いがあるのでしょうか?混同している方も多いので、まずはその違いを明確にしておきましょう!

 

【サクラ】

催し物やイベントでのヤラセや盛り上げ役などを”サクラ”といいますが、マッチングアプリや出会い系においては少し意味合いが違ってきます。

 

具体的に何をするのかというと男性会員とやりとりしてポイントを課金させて、運営会社がお金を儲けるために雇う人達のことを指します。

 

運営会社によって雇われているため実際に会うことはできず、やりとりを続けてもお金と時間を消耗するだけです。

 

このサクラがいるアプリは悪質なユーザーや後述する業者の対策も甘いため、安心して使えるサービスとは程遠くなっています。

 

【業者】

業者は出会い以外の目的(詐欺や勧誘)を持った人が集客のために身分情報を偽って活動している人達のことを言います。

 

運営会社にとって業者はサクラと違い、健全に活動している会員を騙してトラブルを発生させる邪魔者ですので強制退会やアカウント停止などの排除対象となっています。

 

プロフィールやメッセージが特徴的で分かりやすい分、騙される確率は低くなっていますが中には巧妙に誘導してくる業者もいるので対策を学んでおきましょう。

 

サクラがゼクシィ恋結びに本当にいない理由

前述したようにマッチングサービスにおけるサクラは、メッセージのやりとりをしてポイントを消費させてお金を使わせようとしてきます。

 

しかし、そんなサクラはゼクシィ恋結びには完全に存在しないんですね。

 

それというのもゼクシィ恋結び自体、料金体系が月額課金制であるため一度お金を支払ってしまえばその期間はメッセージが無制限にできるからです。

 

このような仕様ではサクラを雇っても全く意味がありませんし、運営会社のリクルートは上場しているコンプライアンスのしっかりとした企業なのでサクラの心配する必要はないですよ!

 

実際に利用者の口コミを見ても「サクラと遭遇した」といったモノは見当たりませんし、あったとしても次項でお伝えする”業者”と勘違いしている可能性が非常に高いです。

 

業者が紛れ込んでいる理由

サクラとは異なり業者は外部の人間がそれぞれの目的で情報を偽って、登録してくるので運営が取り締まるしかありません。

ちなみにゼクシィ恋結びは24時間365日、それも有人とかなり厳重な体制でパトロールを行っています。

 

ですが業者側もあの手この手を使って登録してきますので、イタチごっこになっているためどうしてもゼロにすることが出来ないのが現状です。

 

ゼクシィ恋結びの運営はしっかりと対処してくれるので、もし業者と思わしき人がいたら通報しておきましょう。

 

 

業者にひっかかると何が起きる?

業者とは何をする人たちなのか

業者の主な活動目的は既存会員からお金をだまし取ることですが、下記のように勧誘目的など多岐にわたります。

 

【業者の目的一覧】

個人情報の収集(電話番号メールアドレスやLINEといったSNSID

課金制の出会い系サイト、コミュニティサイトへの誘導

カフェや飲食店でのMLM(ネットワークビジネス・ねずみ講・マルチ商法)勧誘

自己啓発・起業セミナーの勧誘

稼げる系の情報商材・英会話・絵画などの販売

スピリチュアル(霊感)商法

株式やマンション、土地などへの投資勧誘

援助交際・割り切り募集

デリヘルの集客・斡旋目的

 

これだけ種類があると不安になってしまいますが、多くは3つの種類に分類できますので次項でお伝えしてきます。

 

業者の具体的事例

①外部サイト(SNS・コミュニティ)への誘導

まず業者の代表格といってもいいのが、やりとりの間に他のサイト(主にコミュニティサイト)のURLを貼って誘導し、そこでお金を騙し取るといった手口です。

 

この手のタイプはプロフィールも巧妙に作られていて、中なか見分けにくいタイプでLINEへ移行してから発覚するパターンが多いです。

 

LINEでメッセージのやりとりをしていると色々と理由をつけて(スマホが壊れたなど)、他のサイトでやりとりをしようと提案してきます

 

誘導先のサイトはポイントを消費してメッセージを送れる仕様になっており、1通あたり500円とかなり法外な料金設定がなされています。

 

②個人情報の収集

電話番号やLINE、メールアドレスといった個人情報は裏で値段がついて売買されることがありますので、そういった個人情報を集めるべく活動している業者もいます。

 

また、前者のタイプでありつつ、そこでゲットした個人情報をついでに第三者に転売するといった行為をしているパターンもあります。

 

このタイプの業者に捕まると、LINEで知らない人から友達追加されたり、迷惑メールがフリーアドレスや携帯宛に届くようになってしまいます。

 

自身の個人情報を簡単に渡さないよう、デートの約束してから、会って確認してから連絡先交換するようにしたいですね。

 

③集客・勧誘目的

ア◯ムウェイに代表されるようなネットワークビジネスやマルチ商法・ねずみ講、宗教などへの勧誘を目的として活動している業者もいます。

 

その他にもホストが女性客を増やすために使用していて、いざデートに行ってみたらお店に案内されたといった事例が過去にあります。

 

男性をターゲットにしている集客目的の業者としては、デリヘルの斡旋業者が代表的でメッセージ上で金額を提示してくるなど比較的わかりやすい特徴があります。

 

業者以外の危険人物

マッチングアプリの中には業者以外にも警戒すべき人物がいますので、ここで紹介をしておきます。

 

ヤリモク

女性会員が業者と並んで最も注意すべき存在がヤリモク、つまり恋活や婚活ではなく遊び目的の不純な動機で活動している人達です。

 

関係をすぐに進めようとガツガツしてくるのが特徴的ですので、比較的早い段階で見抜くことができます。

 

プロフィールに「ヤリモクは相手しません、NG」といったことを書いておくだけでも彼らの足を遠ざける効果があるのでオススメです。

 

既婚者

ヤリモクの中には既に結婚していて家庭があるにも関わらず、愛人を探す目的で活動している既婚者も稀にいます。

 

既婚者と出会って肉体的な関係を持ってしまった場合は、慰謝料請求といった民事訴訟にも巻き込まれかねないのでヤリモク以上に厄介な存在です。

 

30~40代の結婚している男性が多い年齢層の方が出会いの対象の場合は、特に注意したい相手です。

 

結婚詐欺師

結婚詐欺師というとドラマの中だけにいるようなイメージがありませんが、マッチングアプリでも遭遇する可能性があり、極めて低いですが0ではないので紹介します。

 

ルックスが良くて年収も高く、かなり魅力的なプロフィールになっていることが多く、実際に出会ってからすぐに結婚をちらつかせてくるのが典型的な例です。

 

その後、トラブルに巻き込まれたり、「親が病気で…」「起業に失敗して…」などさまざまな理由をつけて金銭を要求してきます。

 

 

業者・危険人物のプロフィール、メッセージの特徴を知って回避しよう!

マッチングアプリで嫌な思いをしないために、自分の身を守る方法を身につけておきましょう。

ここではマッチングアプリでトラブルを回避する方法について解説します。

 

相手を100%信用しないようにしよう!

ネットは不特定な人が接続いるので、いつどこで自分がトラブルに巻き込まれるかわかりません。

 

マッチングアプリも同様で、常に頭の片隅に「もしかしたら…」といった考えを持っておくことが重要です。

 

下記では業者や危険人物の自己紹介文、そしてプロフィールの特徴なのでこれに該当する人であれば警戒心を強めて見定めていきましょう。

 

【プロフィール】

①写真がイケメン(美人)すぎる

業者の写真に共通するほとんどがルックスが90~100点に近いようなプロフィール画像を使っていることがほとんどで、一見すると出会いに困っていなさそうな印象をうけます。

 

それもそのはず、使っている写真はモデルさんや芸能人といった人達のブログから盗用しているものがほとんどです。

 

②露出の多い写真

デリヘル業者に多いのが、胸やお尻など男性が性的に興奮しやすい箇所をアップで撮った写真を掲載しているパターンです。

 

冷静に判断させなくしてサービスを受けさせようといった狙いなので、メイン写真だけでなくサブ写真もチェックして、露出が多い写真があるのであれば見送りましょう。

 

③「自由」「海外旅行」「投資」などの単語が散りばめられている

不動産投資や自己啓発、副業関係の勧誘業者に多いのがこの特徴で、「人生を楽しみながらお金を稼いでいます」といったニュアンスの自己紹介文になっている傾向にあります。

 

上記のような単語について質問した場合は勧誘を受ける確率が高いほか、恋愛への話題を振ると自然と反らしてくるといった特徴もあります。

 

④魅力的すぎるプロフィール

業者のプロフィールは男性であれば高収入でステータスの高い職業についていたり、女性も同様にキャビンアテンダントやモデルなどの男性人気が高い職業に設定されています。

 

プロフィール画像と合わせると理想的な男性・女性像になっていることが多いので、非常にわかりやすいです。

 

【メッセージ】

①すぐに会おうとする・連絡先を交換しようとする

ヤリモクや既婚者で愛人づくりが目的の輩はすぐに関係を進展させるために、LINEのIDをすぐに交換したり、早い段階で会おうとしてきます。

 

お昼のランチデートを提案しても、居酒屋や夜でのシチューションを強く推してくる場合はほぼヤリモクだと判定してもいいでしょう。

 

初デートの時は、明るい時間帯で人目につきやすい場所という条件を守ると安心して出会うことができます。

 

②まずは会って話してみないかと提案される

ネットワークビジネス系に多いのがこのパターンで、「カフェで会ってまずは喋ってみない?」と提案されます。

 

いざ行ってみると、案の定投資や自社製品の素晴らしさを語られて強く勧められます。

当日、指定されたお店の席にいってみたら2人いて「友達だよ」と言われたけど、その人と一緒に勧誘を受けたといった事例もあります。

 

③収入や仕事についてやたらと聞いてくる

FXや不動産投資関連の業者はターゲットがどれだけお金を持っているか、どれだけ搾り取れるかを知りたいので、メッセージ上で仕事のことについてしつこく聞いてきます。

 

詳しい業種や社内での役職、勤続年数がわかればある程度の収入が予測できるからですね。

やりとりを切るならこの段階で、そのままズルズル続けて実際に会うとさらにしつこく勧誘されますのですばやく見切りをつけましょう。

 

 

まとめ

今回はゼクシィ縁結びにおけるサクラと業者について、それぞれの違いから具体的事例や彼らのプロフィール・メッセージ上の特徴をお伝えしてきました。

 

真剣に恋活・婚活をする会員を騙そうとする人間がいると不安になってしまいがちですが、業者のプロフィールやメッセージのやりかたは特徴があって見抜きやすいです。

 

魅力的な異性からアプローチされたからといって前のめりになりすぎず、怪しいと思ったら該当する部分がないかしっかりとチェックしておけば大丈夫ですよ!

 

 

関連記事

ペアーズの料金システム

男性が気になるNo.1マッチングアプリ・ペアーズの料金システムとは?

NO IMAGE

アプリ婚した筆者が語る!マッチドットコムってどんなアプリ?何も知らない方に送る解...

タップル誕生は実は難しい!アプリ上級者でも失敗する理由と、絶対出会える攻略法

【男性向け】これを知らなきゃ出会えない!ゼクシィ恋結びのホントの特徴と"超"攻略...

リアル体験レビュー|会社員の30代男子がwithを1年使ってみた|デメリットとメ...

女性がPoiboy(ポイボーイ)を使う前に知っておきたいリアルな評判|実際に出会...