withの最大のメリットは「相性診断」|2年間使ってわかったマッチングの秘訣とは!?

マッチングアプリの中でも、ユーザー数が多く評判よいのがwithです。

最近人気の「真剣に使えるマッチングアプリ 」の中ではトップ5に必ず入ってくるアプリと言えるでしょう。

 

今回はこれまでにペアーズ 、Omiai、ゼクシィ恋結びなど5つのマッチングアプリ を2年間使い倒してきた、26歳独身女子の筆者が、withのメリット・デメリットを徹底暴露します!

 

これまで幾つかのマッチングアプリに登録してきましたが、withは一定の条件を満たす人には、とくに使いやすいと感じています。逆に「こんな人には向かない」というデメリットもあるので、この記事であなたに合うかどうか判断してみてください。

withの特徴はどういった点にあるのか、実際に私が利用した体験をもとにお伝えしていきましょう。

 

withの特徴や評判は?

withの最大の特徴は、メンタリストのDaigoが監修している点にあります。

プロのメンタリストがアレンジした相性診断や性格診断が充実しているので、占いや心理テストが好きな女子にとっても使いやすいと思います。

マッチングアプリは数あれど、しっかりと自分の性格をチェックした上で、お相手選びができるところはwithだけです

 

婚活や恋活なんて大変そう、とネガティブなイメージを持っている方でも、気軽にトライできてしまうのがマッチングアプリのwithのサービスなのです。

 

実際withは、20代前半〜30歳前後の若い男性や女性から人気があります

DaigoのPRに惹かれて、ちょっとしたゲーム感覚でサービスを利用してみた、という方も多いでしょう。

 

相性診断などの面白さで、他アプリから乗り換える会員が多い

婚活や恋活を続けていると、何となく疲れてしまうこともあると思います。そういったときに、楽しみながら使えるwithのマッチングアプリはかなりおすすめです。

 

実のところこのwithは、婚活や恋活に疲れを感じている方や、他のサービスにマンネリを感じている方からも評判がです。

いろいろなサービスを利用して疲れてしまった、といった方でも使いやすく、自分と相性のよい相手をじっくりと探したいときにもおすすめです。

 

料金も安く、気軽に好みの異性とコミュニケーションが取れる

男性も女性もリーズナブルな料金で利用できるため、とりあえず気軽にコミュニケーションができる異性の友達が欲しい、といったわがままなニーズも満たしてくれます。

 

withのユーザーの年齢や職業は?

自分と同年代の30歳前のユーザーが多かったことも、私がwithを選んだ理由の1つです。

口コミサイトなどを見ると分かるように、withのユーザーの中で1番多いのが、20代の若い世代です。男女とも20歳から29歳までの年齢が半数以上を占めているので、若い方にとっても親しみやすいマッチングアプリと言えます。

 

ユーザーの年齢の幅が広いマッチングアプリの場合、利用するに当たっても何となく構えてしまうことがありますが、withの場合は、こういったストレスが少なく済みます。

 

もちろん、withにも30代や40代のユーザーはいますので、いろいろな世代の人と出会いたい、といった方でも不満を感じることは少ないのではないでしょうか。

 

男性会員は学生・新卒〜若手社会人が多い

年齢層が若いということもあり、withのユーザーには学生や新卒の方も多く見られます。男性は、学生や社会人になったばかりのフレッシャーズなどがとくに目立ちます。

社会人の場合でも、医者や弁護士などのハイスペック層よりも、若手のサラリーマンが最も多くなっています。

逆に言えばハイスペック男子狙いの女性にはあまり向かないとも言えます。

 

最近では若手で起業する方も多いので、ベンチャーを設立している若手起業家の男性会員もちらほらいるので、将来性が期待できる方と出会えるかもしれません。

 

女性会員は学生〜出会いが少ない職業が多い

女性の場合も、やはり大学生や専門学校生などが多いですが、看護師などの男性ウケのよい職業のユーザーも多いです。

時間に余裕がある学生と、出会いの機会が少ない職場に勤務する、若い女性が最も多い会員となっています。

 

女性はとくに見た目が可愛い人が多いと評判なので、容姿端麗の女子と出会いたい男性ユーザーにとっても、ぜひチェックしておきたいマッチングアプリです。

プロフィールの写真でも、どちらかと言えば親しみやすいカジュアルなスタイルをしているユーザーが多かったです。

 

「相性診断」があるので、成功率が高い!

withのマッチングアプリに会員登録をすると、折に触れて開催される相性診断のイベントに参加することができます。

メンタリストのDaigoの監修で企画されているこちらの相性診断は、単なる診断に留まらないのがスゴイところ。診断の後には、相性のよい相手に「いいね」を送ってコンタクトをとることができます。

 

相性が良いとわかっているから不安が少ない

相性診断というイベントを通じて「いいね」を送れるので、シャイな方でもトライしやすいのも魅力です。

私も、初めて「いいね」やメッセージを送るときにはかなりナーバスになってしまうタイプなのですが、withでは相性が良いということがわかった上で「いいね」できるので、他社アプリよりも緊張せずに利用することができます。

 

もちろん、これといった相手が見つからないときには相性診断のみで済ますこともできます。内容がユニークなのも、この診断のよいところ。ちなみに私が利用したのは、好みの顔のパーツを選んで相性のよい相手を導き出していく企画でした。

 

自分でも気づいていない理想がわかる

withの相性診断の良いところは、自分でも気が付いていなかった男性の好みが分かり、恋愛にもかなり役立つ点です。恋活に活かせる豆知識もチェックできるので、この相性診断はwithに登録をしたら一度利用しておいて損はないと思います。

 

自分の異性の好みって、急に聞かれると意外と答えられないという方も多いと思います。

普段余り意識していないこともあるでしょう。withでは自分で意識していなかった理想の相手を調べておけるので、本当に相性のよい相手を見極められるようになるかもしれません。

 

withのサービスを使いこなすコツは?

withのマッチングアプリの場合、とりあえず相性診断や性格診断の結果を参考にして、気になる相手とコミュニケーションを始めてみるのがコツになります。

 

相性診断で出てきた相手に「いいね」してみる

コンピューターがはじき出した結果は、主観が入っていないのがよい点です。単純に自分の回答から導き出された結果となりますが、意外に当たっていることがあります

 

ちなみに、withの相性診断のイベントでは、10人の相手に「いいね」を送ることが可能です。相性がいいという結果になった相手に、物は試しのつもりで「いいね」を送ってみるのも1つの方法になりますよね。

 

当初は余りいいと思わなかった相手が思いのほか相性がよかった、なんてこともあり得ます。

恋活では、無暗に先入観を持つのは禁物です。例えば、こういった相手じゃなきゃダメ、といったこだわりが強い方は、よい相手と出会っても、魅力に気づかずチャンスを逃してしまうことがありますよ。

 

私も異性の好みにはかなりこだわりがある方なので、同じような方の気持ちはよく分かります。実のところこのwithは、私のようにこだわりが強い方にもおすすめのサービスと言えます。

 

自分を知るためにもまずはwithがおすすめ

私も、友人がおすすめしてくれる相手にはいつも抵抗を感じていたのですが、withの相性診断の結果は不思議と素直に受け入れることができました。とりあえず相性診断の結果を信頼してみるのが、withを使うときのポイントです。

マッチングアプリ はwith以外にもたくさんあり、ペアーズ やOmiaiなどの人気アプリはほとんど女性が無料で利用できます。

 

なのでまずはwithを使って自分の好みや相性を診断してみて、「私にはこんな人が合っている」「こんな男性を求めている」という自分の理想を理解してから、他社アプリを使い始めることをおすすめします。

 

 

withのよい点と悪い点は?

実際にマッチングアプリのwithを使ってみて、メリットだと感じたのはやはり相性診断の結果をもとに恋活が出来る点です。

また、楽しみながらサービスを利用できる点も、このマッチングアプリのよい点です。

 

女性会員は無料で使えるのが魅力

ユーザーにとってとくに嬉しいのが、コストがかからないところ。女性会員は無料で使うことができるので、気軽に登録することtができます。

 

デメリットは若い会員が多い点

悪い点としては、ユーザーの年齢層が狭い点などが挙げられます。withの場合は20代のユーザーが多いことから、30代や40代の方は使いにくいと感じるかもしれません。

実際にwithでは、年齢層が高い女性は「いいね」をもらいにくい傾向があり、30代中盤以降の方は、withよりもOmiaiゼクシィ縁結びなどの婚活サービスの利用をおすすめします。

 

婚活には向かない|恋活や出会い目的のアプリ

目的によっては、希望に合った相手が見つからないなど、登録をしても期待していたような収穫が得られないこともあるかと思います。

 

私のように20代でも、すぐに結婚を前提にした付き合いを始めたい方にとっては、少し物足りないサービスになる可能性があります。withの男性会員には学生が多いため、年収などをしっかりとチェックして本気で婚活をしたいときには向かないと言えます。

 

マッチングアプリには、それぞれよい点や悪い点がありますので、幾つか登録をして使い勝手をチェックしてみるのもおすすめです。

出会いや恋活、初めてマッチングアプリ を利用する若い男女にはwithがおすすめです。

逆に30代の男女や、本気で婚活をしているという方には他社のアプリがオススメです。

 

具体的なwithの評判・攻略法、使い方について「 裏事情もデメリットも徹底公開!with のリアル評判と出会うための攻略法」の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひご参考ください。

 

真剣な婚活ならこっちがおすすめ!他社アプリと特徴を比較しよう

withと並んで、人気のOmiai、ペアーズ 、ゼクシィ恋結びについても下記の記事で詳しく解説しています。

with との特徴の違いを比較して、あなたにぴったりのマッチングアプリを探して見てくださいね。

おすすめ記事①:「Omiaiはここがダメ!リアル評判とデメリット、出会うための攻略法を徹底解説!」

おすすめ記事②:「裏事情もデメリットも徹底公開!ペアーズ のリアル評判と出会うための攻略法」

おすすめ記事③:「ペアーズ ・Omiaiとの決定的違い!「ゼクシィ恋結び」のデメリットと評判を徹底解説!」

 

 

関連記事

エキサイト婚活を実際に半年使ったアラフォー女性のリアルな評判

マッチング後はこれが大切!返答率がUPするメッセージの送り方をマスターしよう!

【超初心者向け】タップル誕生って本当に出会える?特徴・評判・実績を徹底解説!

裏事情もデメリットも徹底公開!ペアーズ のリアル評判と出会うための攻略法

デートアプリのおすすめ

【これはガチ!】すぐに会えるデートアプリおすすめ5選徹底解説!

tinderの2ch

Tinderの2chでの悪い評判はホントなのか!ヘビーユーザーが口コミと現実の差...